強みが凄いのに、赤字?


10の特許を持ち、オンリーワン商品を多数販売している

家庭用品を製造・販売している会社があります。

従業員6名ほどの小さな会社です。


家庭用の電動工具や園芸用バリカンなど身近な商品なのですが、

社長の説明を聞いているとどれも当社ならではの工夫がなされ、

ほほう! へぇ! と驚かされるものばかり。

なかには、販売以来数万台を販売したというものもあります。

この会社、強みが凄い!


でも、残念なことにこの会社、赤字なんです。

平成28年度の売上高は前年の6掛けまで落ちてしまいました。


この会社の商品は、ほとんど、カタログや新聞といった 紙媒体による

通信販売でしか売られていません。

ホームセンターなど店頭販売では、安売りされてしまう・・

という社長の判断によるものです。


このやり方には、社長が望む販売価格の維持、価格競争の回避

といった利点がありますが、 反対に、販売機会の損失という

不利な点もあります。


そして、それ以外にもうひとつ、大きな落とし穴があります。

それは・・


図1









コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る