「ノニナイ」現象


「忙しいのに儲からない」

言葉は悪いのですが、まさに貧乏暇なし状態の企業さんが多いようです。

仕事がなくて暇で儲からない、というのであれば、

営業努力、販路開拓・・ という答えがすぐ出るのですが、

仕事がびっしり、暇もなく働いているのに儲からない、

という状況には、実は根深い問題が潜んでいます。


なぜ、そのようなことになるのでしょうか。

それには、2つの原因が考えられます。

ひとつは、ハナから儲からない仕事をしている、

のかもしれない、つまり、誰でもできる、どこでもできる

付加価値の低い仕事をしている、

もしくは、価格競争に巻き込まれてしまっているという場合です。

そして、もうひとつは、儲かるはずの仕事をしているのにもかかわらず

相応の対価を得ていないという場合です。

1つめは、気づけばやめればよいのですが、

2つめは、実は、少し真剣に向き合わないといけない問題です。


「忙しいのに儲からない」「給料あげたのに働かない」「安くしたのに売れない」・・

気づくと社内に「ノニナイ」現象がいたるところに現れていませんか?

.0171009


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る