お店のための「売れるしくみ」

店舗経営における「売れるしくみ」はストアコンセプト』 と 『ストアブランド』 という2つの柱支えられています。

この2つの柱さえしっかりしていれば、必死に売り込まなくても商品は勝手に売れていきます。必死に呼び込まなくてもお客様の方から店に来てくれます 2051099

これは、業種にかかわらず店舗経営においてすべて共通です。

ストアコンセプトとは、 

・我が店のお客様は誰か

・そのお客様にどのような商品やサービスを提供するのか

・どのような方法で商品やサービスを提供するのか

という3つの軸のことであり、店舗の基本理念ともいうべきものです。

これがないということは、地図を持たずに旅に出るようなもので、行き当たりばったりの経営となりゴールがどこにあるのかもわかりません


店舗の「売れるしくみ」づくりは、まずストアコンセプトの見直しからスタートします。

明確なストアコンセプト(ショップコンセプト)を土台にし、その上に「売れるしくみ」を組み立て、店舗を

地域No1、地域オンリー1 のブランドへと育てていきます。


DSC_0187

▲ページの先頭へ戻る