飲食業のための『売れるしくみ』づくり

飲食業の『売れるしくみ』は、基本的には小売業と同じプロセスで作り上げていきますが、ストアコンセプトの3軸のうち、「どのように」に大きなウエイトを置き、組み立てます。

飲食業の「どのように」とは、いわゆるQSCのことであり、他店との差別化の大きなポイントでもあります。

QSCとは、クオリティ(味、素材つなど)、サービス(接遇、雰囲気など)、クリンリネス(清潔感)のことで、飲食店経営の基本要素といわれるものです。

この3要素について、他店との違いを明確にすることにより、お客さまに選ばれるブランドをめざします。

コンセプト飲食ストア

■飲食店『売れるしくみ』≪基本コンサルティングプラン≫

● 訪問回数:月1回 全3回

● 訪問時間:1回約2時間程度

● 1回目:経営者ヒアリング、 2回目:課題提示、ベクトル合わせ、方向性の確認、 3回目:課題解決に向けた対策とアクションプラン提示

● 料金:90,000円(報告書作成、基本調査費用を含む、交通費・宿泊費、特殊調査費用は別途ご請求)PAK21_bistroQtableset500-thumb-813x500-3122


■飲食店『売れるしくみ』≪フルコンサルティングプラン≫

● 基本プラン+フォローコンサルティング3回 (全6回訪問)

アクションプランの実施状況について、3~6か月間にわたりモニタリング、PDCAサイクルを回しながら『売れるしくみ』のブラッシュアップを図ります。

● 料金:150,000円(報告書作成、基本調査費用を含む、交通費・宿泊費、特殊調査費用は別途ご請求)


▲ページの先頭へ戻る